スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/2 日本は唯一の被爆国ではない 

 2010-03-02

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


やない筆勝の Hot Information


 ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


  これまで「日本は唯一の被爆国である」と考えられてきましたが、実は日本の他にも、核によって19万人もの国民が殺された民族があります。それがウイグルです。


中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計


産経新聞2009.4.30より転載)


  中国が新疆ウイグル自治区で実施した核実験による被害で同自治区のウイグル人ら19万人が急死したほか、急性の放射線障害など甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとの調査結果が札幌医科大学の高田純教授(核防護学)によってまとめられた。被害はシルクロード周辺を訪れた日本人観光客27万人にも及んでいる恐れがある。


5月1日発売の月刊「正論」6月号掲載の「中国共産党が放置するシルクロード核ハザードの恐怖」と題する論文で明らかにした。


高田教授は2002年8月以降、中国の核実験に伴う影響を調査した。高田教授によると、中国の核実験は1996年までに爆発回数で46回。爆発威力や放射線量、気象データや人口密度などをもとに被害を推定した。


爆発では楼蘭遺跡の近くで実施された3回のメガトン級の核爆発で高エネルギーのガンマ線やベータ線、アルファ線などを放射する「核の砂」が大量に発生した。上空に舞い、風下に流れた「核の砂」は東京都の136倍に相当する広範囲に降り、その影響で周辺に居住するウイグル人らの急性死亡は19万人にのぼる。甚大な健康被害を伴う急性症は129万人のうち、死産や奇形などの胎児への影響が3万5000人以上、白血病が3700人以上、甲状腺がんは1万3000人以上に達するという。中国の核実験は、核防護策がずさんで、被災したウイグル人に対する十分な医療的なケアも施されておらず129万人のうち多くが死亡したとみられる。


広島に投下された原爆被害の4倍を超える規模という。高田教授は「他の地域でこれまで起きた核災害の研究結果と現実の被害はほぼ合致している。今回もほぼ実態を反映していると考えており、人道的にもこれほどひどい例はない。中国政府の情報の隠蔽(いんぺい)も加え国家犯罪にほかならない」と批判している。


また、1964年から1996年までの間に、シルクロードを訪問した日本人27万人の中には核爆発地点のごく近くや「核の砂」の汚染地域に足を踏み入れた恐れがあり、こうした日本人への影響調査が必要と指摘している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・転載おわり


高田教授はこの論文を発表した昨年4月、NHKに対して、シルクロード紀行番組などによって多くの日本人観光客を核汚染が明白な地域を訪問させながら、核爆発については一切、沈黙してきたとしてことについて公開質問状を出し、抗議しています。NHK側は、「(放射能汚染についての)認識は放送当時も現在も持っていない」と回答したとのことです。(Wikipedia「高田純」より)


中国当局は、ウイグル自治区における核実験(人体実験?)の事実を隠し、「原因不明の病気」として何の補償もしていません。19万人が急死、しかも129万人におよぶ被害者も、ほとんど何の治療もされず殆どが死亡したという説もありますから、これは広島・長崎を上回る史上最大の核災害と言えます。


新疆ウイグル自治区チベット自治区に対する中国の民族弾圧は、ひとごとではありません。今、中国がひそかに狙いを定めているのは、台湾、南シナ海、東シナ海、そして沖縄です。このことを日本のマスメディアはほとんど報道していません。私たちが今、沖縄を守れなければ、日本人に待っているのは中国領「倭族自治区」という未来です。この未曾有の危機を一人でも多くの国民の皆様に知っていただき、外国からの侵略に対しては毅然とした態度で立ち向かわねばなりません。


幸福実現党は、日米同盟を強化し、中国の軍備拡張や日本に向けられている核ミサイルに対して、毅然たる防衛体制を築きます!


※参考動画・書籍
パネリスト: イリハム・マハムティ(世界ウイグル会議日本全権代表・日本ウイ グル協会会長) 
加瀬英明(外交評論家) 
高田純(札幌医科大学教授・理学博士) 
平松茂雄(中国軍事専門家) 
藤井厳喜(国際問題アナリスト) 
ペマ・ギャルポ(桐蔭横浜大学教授) 
宮崎正弘(作家・評論家)












続きはこちら 
2/3【討論!】広島・長崎・ウイグル - 核問題を考える
3/3【討論!】広島・長崎・ウイグル - 核問題を考える


「シルクロードにおける中国との核実験災害 と日本の役割」講演会 (於:2009/3/18 憲政会館)
日本ウイグル協会会長 イリハム・マハムティ氏の開会挨拶








核の砂漠とシルクロード観光のリスク─NHKが放送しなかった楼蘭遺跡周辺の不都合な真実─ (高田 純の放射線防護学入門シリーズ) (高田純の放射線防護学入門シリーズ)
核の砂漠とシルクロード観光のリスク─NHKが放送しなかった楼蘭遺跡周辺の不都合な真実─ (高田 純の放射線防護学入門シリーズ) (高田純の放射線防護学入門シリーズ)


中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い
中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い


 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。