スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/28 人権侵害救済法案(人権擁護法案)の危険性 

 2010-03-28

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


やない筆勝の Hot Information


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


『日本を賤しめる「日本嫌い」の日本人』(渡部昇一:著)より一部転載させていただきます)


  いったいどれぐらいの人たちが、たとえば人権擁護法の危険性に気づいているでしょうか。この法律が通ると、人権委員会が「差別だ」と認めたものについて罰則を課すことができます。一例を上げれば、日本国内で「南京大虐殺は中国サイドが流したデマだ」、あるいは「従軍慰安婦などいなかった」といった言論活動をしたところ、それが「中国人への差別」「元慰安婦たちの人権を蹂躙(じゅうりん)するものだ」と認定されれば、逮捕される事態も起こりうるのです。政治家でもお縄をちょうだいするかもしれない。家宅捜索を受けるかもしれない。そんな法律ができたら、中国や北朝鮮と対峙する団体や結社、あるいは個人の言論活動はただちに抹殺されることになるでしょう。


  民主党政権が誕生したら(注:2009年5月時点)、そうした法案がアッという間に現実のものと化す恐れが十分にあるのです。司法の保護なくして国民が裁かれる“真昼の暗黒”国家が出現するかもしれません。そしてそんな時代になれば、問題の村山談話はもっと悪質な“土下座談話”に変わることは、まず間違いありません。


忘れてならないのは、終戦直後から二、三十年のあいだ、いかに部落解放運動が恐れられてきたかということです。部落解放運動家に吊し上げられると、警察も助けに来てくれない時代がつづきました。そうした恐れはようやく最近忘れかけ、運動もだいぶ穏和になってきたようですが、しかし危険が去ったわけではありません。現在検討されている人権擁護法の根底には、終戦直後の尖鋭なる部落解放思想も見受けられるからです。


自民党と民主党の似ているところを見て「民主党に任せても大丈夫だ」とか、小沢一郎氏は「かつては自民との幹事長だったのだから心配はないだろう」などといっていたら、必ずや足もとをすくわれます。


  ギリシア神話に登場する怪物ケンタウロスは、上半身は人間ですが下半身は馬だといいます。政党の場合も、その“下半身”をよく見定めなければいけません。民主党の下半身、つまり有力支持組織は恐龍かもしれないのです。


『日本を賤しめる「日本嫌い」の日本人』(渡部昇一:著)P.42より)


 


※以下、サルでも分かる?人権擁護法案 人権擁護法案Q&Aより抜粋


人権擁護法案って、どんなものですか?


A.人権委員会が、「これは差別だ!」と認めたものに罰則を課すことが出来るようになる法律です。 人権委員会が5名、人権擁護委員2万人によって作られ、被差別者、障害者などが優先して選ばれることになっています。 
現在閲覧可能な情報によると、この委員会は法務省の外局として扱われ、地方ごとに構成員が配置されることになっています。


この法案の問題点


●正当な批判さえ差別と取られる可能性がある
●テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、国民のほとんどが知らない
●差別の基準があいまい、(人権委員会が好き勝手できてしまう)
●新しい権力機関を作ること
●人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しない 
●インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上。よってマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる (マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる
●何が差別と取られるかわからない、使える表現が減る事によるアニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退(当たり障りのないものしか作れなくなる)
●特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がります。


鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も(産経新聞2010.2.3)


人権擁護法案(Wikipedia)


人権擁護法案の正体


サルでも分かる?人権擁護法案



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。