スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅援少将へ 

 2013-02-26
一枚のチラシをめぐって、中国では大騒ぎになっているようです。

問題のチラシは、こちら。



すでに日本のマスコミでも報道されていますが、人民解放軍の羅援少々が、「戦争となれば東京を空爆する」とテレビで語った内容を記事にしたものです。

私が代表をつとめる市民団体「中国の脅威から子供の未来を守る会」では、隔週水曜日に朝日新聞本社前で街宣とチラシ配布をしていますが、このチラシは2月20日に朝日新聞社前で、社員や通行人に配布したものです。

その日のうちに、このチラシの写真が中国版ツイッター、ウエイボに投稿され、それを見た上海の大学の教授が、チラシの文章を中国語に翻訳して、またウエイボに投稿。



その日のうちに、このチラシの内容が中国国内に一気に広がり、ネットは大騒ぎになりました。
慌てた羅援少将は、21日、なんと自分のブログを開設し、「デマに惑わされるな」と、弁明を始めます。
中国では、軍人がブログやツイッター」(ウエイボ)などを開設することは禁じられていますので、極めて異例のことです。

※羅援少将のブログ
「百回繰り返してもデマはデマ」
http://blog.sina.com.cn/s/blog_549c1d970101ai4l.html?tj=1#comment1




22日には、羅援少々はウエイボ(微博、中国版ツイッター)を開始し、このチラシを拡散していた大学教授と、ネット上で大激論を始めます。この大バトルに、中国の20万人以上のネットユーザーが集まり、数万のコメントが寄せられ、中国のメディアも「前代未聞の大戦争」と大々的にとりあげています。
------
◆鹰派少將疑是逃兵 罗援开微博遭起底(東方日報)
http://www.orientaldaily.com.my/index.php?option=com_k2&view=item&id=44161:&Itemid=197
この「東方日報」は、羅援少将と上海の大学教授が、20日に投稿されたこのチラシをめぐってネット上で激論を戦わせており、激怒した羅援が、22日に突然、ミニブログを開設。
数十万のネットユーザーを巻き込んでの、大騒ぎになっていることを、詳しくレポートしています。
------
◆羅援微博「開戰」 網上爆「論戰」(世界新聞網)
http://bit.ly/YROV1v
「羅援がネット上で開戦!」と題したこの記事でも、「東京を空爆する」「魚釣島に団を率いて上陸する」と羅援少将が発言したとのチラシについて「そんなことは考えていない。デマに惑わされるな」と、打ち消すためにウエイボを始めたことが報道されています。
------
◆「外捍國權內懲國賊」專家諷「大開殺戒」 鷹派少將發戰鬥檄文(星島日報)
http://news.singtao.ca/toronto/2013-02-24/china1361695438d4362289.html
星島日報では、「誤った話が次々に広がり、悪い影響を及ぼしている。私はこのようなことは考えていないが、他人があたかも私になりすまして、『羅援が東京爆撃をすると言った』という話が広まっている。これはデマだ」という羅援少将の発言が採り上げられています。

------
◆中國內鬥「轟炸東京」 少將筆戰學者(蘋果日報)
http://bit.ly/13Jn98Q
この新聞は「羅援少将と大学教授が『東京爆撃』チラシを巡って言論戦!」という記事の中で、「幸福の科学のプロパガンダ文書を、風水魏という大学教授が微博に投稿したことが、騒動の発端である」と報道しています。
羅援少将が「東京空爆」発言を否定すると「しかし、中国の掲示板や軍事系新聞にも書いてある」と、すかさず反論を受けたこと、羅援が「外では敵と戦い、国内では国賊を処罰する」と書き込むと、ネットユーザーから「では自分をまず処罰せよ」と嘲笑されたと書かれています。

-----
◆公知的逻辑就是骂外交部不打仗,骂军人不和平(独家網)
http://www.dooo.cc/article-11322-1.html
独家網の記事では、羅援少将が北京在住の記者に問い合わせ、このチラシを発行しているのが幸福の科学であると知ったことが報道されています。また、羅援少将が幸福の科学を「邪教」と書いたところ、風水魏教授がすかさず「幸福の科学は邪教ではない」と反撃したとあります。

-----
◆祸起“轰炸东京” 解放军少将与复旦教授微博掀骂战(IBTIMES)
http://cn.ibtimes.com/articles/22064/20130222/607400.htm
2月21日、人民解放軍少将羅援、復旦大学、日本の専門家風水魏は、マイクロブログ上で戦争を開始し、見物人の議論に多くのファンを集めた。
事件は2月20日、1枚の写真が微博に投稿されたことから始まった。風水魏教授の発言にいらいらした羅援は、21日にブログで発言を始める。この写真は幸福の科学というカルト宗教が朝日に送ったものだと。

教授は、「幸福の科学は合法的組織で、出版物のHPもある。邪教ではない。あなたが日本人なら、彼らに訴えられますよ」と反撃。
-----------------

風水魏教授のブログ
http://www.weibo.com/u/1892793683

羅援少将のブログ
http://www.weibo.com/u/1419517335

騒ぎを打ち消すために、ウエイボを始めた羅援少将。
その思惑とは裏腹に、かえって「ちゅうまも(中国の脅威から子供の未来を守る会)」のチラシは、中国のネットユーザーの間でどんどん拡散され続けています。
日頃の不満を直接、解放軍幹部にぶつけられるとあって、羅援少将は質問ぜめにあい、バケツをひっくり返したような騒ぎになっているようです。



矢内から羅援少将へのメッセージ

羅援よ。
何を慌てふためいているのか。
我らは、我が国を守るために真実を伝えているのみ。
少将たるもの、今さら、自分が言ったことを撤回するような発言なら
始めからすべきではない。

正直に真実を語れ。
姑息な言い逃れをするな。
嘘をつくな。
みっともない。


矢内筆勝



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。