スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮総連前・防衛省・首相官邸前・新宿駅西口にて緊急街宣 

 2013-02-13


┏…━━━━━∴★☆
   矢内筆勝の
「行動のときは今!」
☆★∴━━━━━…┛


こんにちは、矢内筆勝です。

北朝鮮による3回目の核実験実施を受け、早速12日の午後、 都内各地で緊急街宣を行いました。

朝鮮総連前では、釈量子女性局長とともに、北朝鮮による核実験に対する 抗議を行いました。

また、防衛省前、首相官邸前、そして新宿駅西口前にて街宣を決行し、政府に対して、一日も早く集団的自衛権の行使を決断すること、核シェアリングも含めた核保有により、自分の国は自分で守る独立国家へと舵を切ることを、強く求めました。


朝鮮総連への抗議・都内各地での街宣映像



<演説要旨>


このたびの核実験により、北朝鮮がいよいよ核ミサイルの小型化に成功しました。
国民一人ひとりが心を一つに合わせて立ち上がり、行動を起こさなければいけない時が来ています。


(1)日米同盟崩壊の危機

北朝鮮の核ミサイルがアメリカ本土を狙うような状況になった時、日本は同盟国として、アメリカに対して集団的自衛権を行使しなければなりません。

安倍総理は、集団的自衛権の行使については、半年後の参議院選挙のあとまで、判断を先延ばししたいと考えているようですが、それではもう間に合いません。

北朝鮮が核実験を実施した今、安倍総理はすぐにでも「集団的自衛権の行使」を表明すべきです。
もしも日本が、集団的自衛権の行使を拒んだ場合は、その瞬間に、日米同盟は崩壊してしまいます。

今、日米同盟が破棄されたら、いったい誰がこの国を守ってくれるのでしょうか。
日本は、自分で自分の国を守ることができるでしょうか。できないのです。これが今の日本の状況です。



(2)日本を狙う核ミサイルの危機

北朝鮮が狙っているのはアメリカだけではありません。
北朝鮮はアメリカの前に、まず日本を狙っているということを忘れてはなりません。

今回の核実験の成功により、北朝鮮は日本に対して向けられている200~300基のノドンミサイルに、核弾頭が搭載できるようになりました。

北朝鮮はこれから、この核のカードによって、いつでも日本を脅すことができるようになりました。
これが現在、日本が直面している2つの危機です。




日本を隣国の脅威から守るための政策について、幸福実現党は3年前の立党時より、訴え続けてまいりました。

・憲法前文の解釈変更により、敵地先制攻撃を含む交戦権の行使を可能にすること。
・隣国からの核の脅威に対して、日本も抑止力としての核保有の検討に入ること

核武装については、二度の原爆を経験した日本国民の中では、否定的なご意見が多いことは、重々承知しています。しかし、北朝鮮や中国といった隣国が核兵器を日本に向け、日本を狙うノドンへの核搭載が現実のものとなった今、もはや核保有も選択肢の一つとして真剣に考えなければ、日本国民を守れない段階まできています。


アメリカの核の傘に、いつまでも頼るわけにはいきません。今こそ政府は、中国・北朝鮮の軍事的脅威から日本国民を守るために、憲法前文解釈変更による交戦権の確立、核保有の検討に着手すべきです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。