スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」と言える教育 (1/12新宿駅街宣より) 

 2013-01-13
(3)ありがとうと言える教育

幸福実現党は、ありがとうと言える教育に力を入れてまいります。

戦後60年間、この日本は、教育の中から道徳教育というものが失われていました。
今、目上の人を尊敬するとか、感謝の言葉を述べるといった道徳心が
失われて久しいのです。
私たち幸福実現党は、親孝行の「孝」
お父さん、お母さんを大切にしましょうという道徳心を
子供たちにしっかりと教える道徳教育を、
公立高校にしっかりと根付かせてまいります。

親孝行の「孝」という文字ひとつが
子供たちの心にしっかりと、教育として、知識として
そして価値ある道徳心として根付いた時に
子供たちが自然な心で「お父さん、お母さん、ありがとう」
「おじいさん、おばあさん、ありがとう」
そういったことが言えるような国をつくることができます。
これが教育の力です。

また、今、日本の公立学校の教育には
自虐史観教育という間違った教育が根付いています。
これは、日本の公立学校の日教組系の先生方が
一生懸命子供たちに教え込んでいるのです。

「日本という国は、先の大戦でアジアの人たちに大変ひどいことをした」
「南京で30万人以上の人を殺した」
「アジア全体で数十万の人を、大変なひどい目にあわせた」

こういう間違った歴史教育が、今、公立学校で子供たちに教え込まれています。
いわゆる自虐史観教育です。
「日本という国は悪い国なんだ。
君たちは、悪い国の悪い国民の子孫として生まれたのだ」ということを
今、公立学校で子供たちは教えこまれています。

ですから、今、日本の若い人たちは
日本をかたちづくってくれた先人の方々、
先の大戦で亡くなられた300万人の英霊の方々に対して
「ありがとう」という気持ちを持てないでいます。

しかし、私はあえて言いたい。
あの先の大戦は、間違った戦争ではなかった。
白人による植民地支配からこの日本を守るために
先の大戦で300万人の方々が、命を捨てて
この日本のため、アジアのために戦って亡くなっていかれたのです。

そういう方々の尊い行為があって、
今、この日本という国が成り立っている。
私たちが日々、豊かで幸せな生活をすることができている。
これは事実です。

ですから、私たちはこの日本の公立学校から
先人たちの歴史や、先人たちが戦ったこの尊い行為を貶めるような自虐史観教育
これを是正してまいります。

事実は事実。
間違っていることがあれば、それは直していけばいい。
しかし、今のように一方的に、日本という国は悪い国なのだと
日本の歴史や伝統をすべて否定するような間違った自虐史観教育を、
日本の公立学校から私たちは消し去らなければいけない。
それが、本当の意味で、この日本が独立国家として再び立ち直り
また、国民一人一人が、子供たちが、夢と希望を持って、誇りをもって
明るく元気に暮らしていける、
その源泉であると、私は考えています。

ですから、「ありがとう」と言える教育、
自虐史観教育をなくす。
道徳教育をしっかりと子供たちに学んでいただく。

これが、皆様方国民が幸福に暮らしていける政策であると
信じています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。