スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風15号&宮古島セミナー 

 2012-08-27
私は今、沖縄に来ています。

史上最強の台風15号が、昨日から今朝にかけて、沖縄を通過しました。
8月5日に上陸した台風11号が、「8.5オスプレイ配備に反対する県民集会」を見事吹き飛ばしてくれたことは、まだ記憶にあたらしいところですが、今回の台風15号上陸により、本日、県庁で300人規模で予定されていた「9.9オスプレイ配備に反対する県民大会」に向けての決起集会は、中止に追い込まれました。

オスプレイ配備に反対し、日米同盟に亀裂を生じさせようとする動きに対して、
またもや、天意がはっきりと示されました。

9月9日には、宜野湾海浜公園にて、ふたたび大規模な県民大会が予定されています。
主催者側は「県民の総意」という言葉を使い、あたかもオスプレイ反対が沖縄の民意であるかのようにアピールすると思われますが、8月4日に保守派市民団体が中心となって開催された「国防の危機!尖閣・沖縄を守ろう県民集会」で明らかになったように、「オスプレイ配備反対」は決して県民の総意ではありません。

沖縄の中にも、日米同盟強化と国防の強化を訴える良識ある県民が大勢いることを、幸福実現党はこれからも訴えてまいりたいと思います。


さて、8月23日、宮古島にて開催された国防セミナーの様子が、25日付宮古毎日新聞に掲載されました。
私の講演内容についても、かなり踏み込んで報道されています。

宮古毎日0825-01
宮古毎日0825-02

中国軍事情勢を紹介
未来を考える会 宮古で「国防勉強会」


 宮古島の未来を考える会(宮城隆会長)が主催する「国防勉強会」が23日夕、平良港ターミナルビルで開催された。幸福実現党出版局長の矢内筆勝局長が「中国の軍拡の実態と尖閣、そして宮古・沖縄に迫る危機」と題して、最近の中国の軍事情勢などを講話した。中国の軍事台頭に関心を寄せる市民が勉強会に訪れ、矢内氏の講演に耳を傾けた。

 矢内氏は、巨大化する中国の軍事力を背景に、その勢力を東シナ海、南シナ海に海洋支配勢力を拡大していることを、同国の軍事費の伸び率のグラフなどで図示しながら解説した。また、中国軍事パレードの様子などをビデオ映像で紹介し、経済力を増してきた中国が、急速に軍事力を高めてきている情勢について触れた。

 矢内氏は「中国は完全に軍国主義の国と言っても過言ではない。中国と日本の軍事的な考え方にはギャップがあり、日本のマスコミはその事実を正確には伝えていない」と述べ、拡大する中国の軍事力には危機的要素が含まれていることなどを説明した。

 また、中国は戦略国境論を持っており、近似の尖閣諸島における領有権問題も、これら中国の軍事力拡大を背景にしたものであり、宮古を含む先島地域の防衛力を強化する必要性などを強調した。

(2012/08/25 宮古毎日新聞)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。