スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/26世界がみえる筆勝ニュース 

 2012-07-26
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★中国メディアの報道★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

━━━━━━━━━━━
▼<尖閣問題>対日戦略は正確に目標を見据えるべき=石原都知事への攻撃にエネルギーを集中せよ―SP華字紙(レコードチャイナ)
http://bit.ly/Obs2og
━━━━━━━━━━━
 依然として不用意に日本を叱責するに終始し、石原氏個人への攻撃に照準を当てないようでは、日本の世論を分断することはできず、日本国内あるいは日米の対立を激化させることはできない。石原氏を孤立させるどころか、その同調者を増やしかねないのである。……

━━━━━━━━━━━
▼オスプレイが尖閣を守る?沖縄県民「中国の脅威より米軍基地そのものが問題」―香港紙(レコードチャイナ)
http://bit.ly/NYMvsq
━━━━━━━━━━━
 当の沖縄県民の多くは現在、急速に台頭する中国を“脅威”とは感じておらず、むしろ米軍基地の長期駐留を苦々しく思っている。琉球大学の林泉忠准教授が2005年に行った「沖縄住民のアイデンティティー調査」では、沖縄県民のじつに4割が「わたしは沖縄人であり日本人ではない」と認識している。国家利益と対中政策に気をとられ、地元民の感情を軽視する日本は相変わらず米軍に沖縄の地を提供し、沖縄県民の不安と不満を煽っている。……

━━━━━━━━━━━
▼日本人教授:釣魚島は中国領土 「重要なのは真実」(中国網)
http://bit.ly/Qiitpx
━━━━━━━━━━━
 釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題において、日本には長年事実を語ってきた学者が存在し、彼らは釣魚島が中国のものであるとしてきた。その中で、最近最も精力的に活躍しているのが日本横浜国立大学の村田忠禧教授である。……

━━━━━━━━━━━
▼中日米は釣魚島問題をめぐる3国対話を実施すべき(中国網)
http://bit.ly/OYo2lQ
━━━━━━━━━━━
 報道によると、日本の玄葉光一郎外相は24日、釣魚島について「日米安全保障条約の対象になる。私とクリントン米国務長官との間で確認されている」と述べた。釣魚島で有事が発生した場合、日米は共同で対応することになる。……


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★中国のニュース★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

━━━━━━━━━━━
▼北京豪雨、死者1000人以上も 市長ら突然辞任(大紀元)
http://bit.ly/LOQGKg
━━━━━━━━━━━
 特に甚大な被害を受けた同市房山区では、100台あまりの自動車が引き上げられ、市バスも含まれており、1000人以上が死亡した。多くはバスに閉じ込められたまま亡くなったと伝えた。同市豊台区南崗洼だけで200人の遺体を収容したという。……

━━━━━━━━━━━
▼内モンゴルの村を蝕むレアアース汚染(大紀元)
http://bit.ly/NvW0U7
━━━━━━━━━━━
 仏ル・モンド紙のセシレ・ボントロン特派員は20日、内モンゴル包頭市についての記事の中で、中国で行われている大規模なレアアース生産は環境を汚染して住民を害し、家畜や水、土壌にすでに挽回できないほどの壊滅的な損失をもたらしていると報じた。……

━━━━━━━━━━━
▼中国でオスプレイ話題に(沖縄タイムス)
http://bit.ly/MFy7rB
━━━━━━━━━━━
 中国・北京市を訪問中の仲井真弘多知事は24日夕、北京市内で中国日本友好協会会長の唐家〓氏と懇談した。席上、唐氏が「オスプレイの件はいかがですか」と日本語で質問。これに対し、仲井真知事が「安全性をきちんとしないと駄目だと言っているんですが」と答えると、唐氏は「それは当然のことです」と沖縄側の対応に理解を示した。……

━━━━━━━━━━━
▼沖縄の領有権まで主張し始めた中国の国家主義者(英フィナンシャル・タイムズ紙)
http://bit.ly/PcQ4xN
━━━━━━━━━━━
 中国の新聞「環球時報」は今月、中国政府は日本による沖縄県の支配に異議を唱えることを検討すべきだという激しい内容の社説を掲載した。多数の島々から成る同県には140万人の人々が住み、米軍の基地が数多く設けられている。……

━━━━━━━━━━━
▼南シナ海:三沙市発足、認めない 比とベトナムが非難(毎日新聞)
http://bit.ly/OkQCQ6
━━━━━━━━━━━
 中国の三沙市発足について、フィリピン外務省の報道官は24日の記者会見で「フィリピン政府は三沙市とその管轄権を認めておらず、最近の中国の動きを容認することができない」と非難した。……


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★沖縄のニュース ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

━━━━━━━━━━━
▼県警、住民どかす 高江ヘリパッド(沖縄タイムス)
http://bit.ly/NYbgF4
━━━━━━━━━━━
 米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事が24日、N4地区とよばれる移設予定地であり、沖縄防衛局職員や業者らがクレーンを使って砂利を搬入した。ダンプカーの前に座り込む住民ら数人を名護署員が路肩へ引きずり出す場面もあり、騒然とした状況が続いた。……

━━━━━━━━━━━
▼中国参入 態勢整備急ぐ 訪問団帰国(沖縄タイムス)
http://bit.ly/PKVFw1
━━━━━━━━━━━
 全行程を終えた仲井真知事は「これまでの上海や香港に加え、北京を中心とした広大なマーケットとの接触がようやく始まった印象だ」と語り、急成長する中国を中心としたアジア市場の取り込みや受け入れ態勢の整備に「スピード感をもって取り組む必要がある」と強調した。……

━━━━━━━━━━━
▼新型榴弾砲を陸揚げ 那覇軍港 オスプレイ用か(沖縄タイムス)
http://bit.ly/M9o3Jk
━━━━━━━━━━━
 那覇軍港に25日寄港した民間輸送船「グリーンリッジ」から、新型の155ミリ榴弾(りゅうだん)砲M777が陸揚げされた。県平和委員会の大久保康裕事務局長は「少なくとも6門あった。オスプレイが宙づりできる軽量な新型を増強している」と指摘した。……


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★安全保障のニュース★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

━━━━━━━━━━━
▼「同士打ち」を続ける民主(産経新聞)
http://bit.ly/SV1Qh8
━━━━━━━━━━━
 (オスプレイは)尖閣諸島に対する中国の動きを抑止する上でも極めて有効だ。現在普天間にある老朽化したCH-46中型ヘリコプターは近く退役する。今頃、中国人民解放軍は、最新鋭の大型輸送機を沖縄に配備できないでいる日米同盟を見て、高笑いしていることだろう。……

━━━━━━━━━━━
▼尖閣諸島を守るために日本がすぐに実行すべき5つの対策(JB-PRESS)
http://bit.ly/Pcw9yM
━━━━━━━━━━━
 第1に日本が取るべき行動は、尖閣諸島の実効統治の強化である。自国領土を自国固有の領土として確保するためには、当然ながら、その統治を内外に鮮明にしなければならない。ごく自明の基本である。……

━━━━━━━━━━━
▼オスプレイ配備中止を=沖縄県、米当局に直接要請(時事通信)
http://bit.ly/Ntnt97
━━━━━━━━━━━
 沖縄県の又吉進知事公室長は23日、ワシントン近郊の米国防総省と同市内の国務省を相次いで訪れ、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備に関し、同県として反対すると伝えた。米側は「オスプレイの安全性が確認されない限り飛行はさせない」と改めて強調した上で、配備に理解を求めた。……


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★イベント案内★
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〈緊急!〉
迫り来る中国の脅威と、オスプレイ配備の必要性を訴える集会

■日時:8月4日(土)
集合…15:00
開始…15:30
※集会後、那覇市内をパレード
終了予定…18:00

■場所:沖縄県庁前広場
■主催:中国の侵略から尖閣を守ろう!実行委員会

■問い合わせ先
事務局:080-4659-8727

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〈第9回中国マスコミ問題研究会公開セミナー〉

来る7月28日、中国・マスコミ問題研究会主催による、第9回公開セミナーが開催されます。

今、なぜ沖縄に米軍基地が必要なのか、尖閣問題で日本に対し、恫喝をエスカレートしている中国に対し、日本のとるべき方向について提言いたします。
座席に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

■日時:2012年7月28日(土)
17:30 受付
18:00 開演
20:35 終了予定

■会場:大崎第一地域センター区民集会所・第一集会室

住所:品川区西五反田3-6-3
東急目黒線「不動前駅」徒歩5分
JR五反田駅西口、目黒駅各徒歩10分

★会場への地図
http://yahoo.jp/DAe_Wm

■研究発表(40分)
「中国人民解放軍が明かした 驚きの『尖閣占領戦略』」
矢内筆勝
(中国・マスコミ問題研究会代表)

■基調講演(60分)
『米海兵隊を中心とする沖縄の軍事的役割』
講師:高井三郎(たかい・みつお)氏
(元陸上自衛隊幹部学校教官・研究員)

【申込先】
renraku.atmk@gmail.com

※詳細はこちら
http://nakamamo.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。