スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本防衛の最前線 

 2012-06-07
一昨日から、沖縄に来ています。

このたび、幸福実現党では「沖縄・九州防衛プロジェクト」」を発足させ、中国の魔手から尖閣・沖縄・そして九州を守るための具体的な活動を始めました。

現在、沖縄では、琉球新報と沖縄タイムスという二大新聞が、シェアの90%以上を独占しています。そして悪いことにこの2紙ともにガチガチの左翼思想に偏向したマスコミであり、反基地・反米思想に県民を洗脳しようとしています。

米軍に関しては、どんな小さな犯罪や事故も大きくとりあげる一方、中国の脅威についてはまったく報道されていません。

沖縄県民のほとんどが基地に反対している、
県民の75%が日本からの独立を希望している、
などの誤った世論調査の数字が一人歩きし、このままでは中国に「中国の同朋である沖縄を、独立(解放)させなければならない」という、「沖縄侵攻の口実」を与えかねません。

そこで沖縄の党員が中心となって、現在、「正しい世論調査」を実施しています。
沖縄県民は、本当に琉球独立を望んでいるのか。米軍基地に対する本当の気持ちを、丁寧に聞き取り調査を進めています。

その結果が出次第、「沖縄・九州防衛プロジェクト」公式HPや、フリーペーパー「ゆんたくシーサー」上にて、発表させていただく予定です。


   ★  

そのほか、沖縄では現在、各所に横断幕を張る活動を進めています。
人目につきやすい場所、車の往来の多い所などには、「基地反対派」の横断幕が随所に張られているのですが、これからは「日米同盟堅持」「辺野古移転賛成」の横断幕もどんどん張ってゆき、「賛成している人もいる」ことをアピールしていく予定です。


昨日の映像です。普天間基地前にて。
 ↓




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。