スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミを操る財務省の野望 

 2012-03-15
昨日、3月14日、幸福実現党より『財務省のスピリチュアル診断-増税論は正義かそれとも悪徳か-』(大川隆法著、幸福実現党発行)が緊急発刊されました。
財務省前で行われたチラシ配布に、私も参加させていただきました。

この書籍には、安住財務大臣と勝栄二郎財務事務次官の本音が書かれています。

安住財務大臣と私は、早稲田大学の社会科学部の同級生でした。

今、彼は財務大臣をしていますが、彼は本当の意味でこの日本の未来を担うだけの経済的知識は、持ち合わせておりません。
この書籍の中でも明らかになっていますが、当時の早稲田大学社会科学部では、経済学に関して、それほど専門的な学問を教えていたわけではないのです。
私も安住大臣と大学時代、同じ時期に机を並べて勉強していましたので、彼が学生時代にどれほどの経済知識を得ることができたかは、よくわかるのです。
安住大臣が卒業したのは社会科学部であって、経済学部ではないのです。

そして勝栄二郎財務事務次官は今、かつての「安政の大獄」と同じように、自由を求める人々を弾圧しています。
先日、東京新聞や中日新聞に、先日、国税の査察が入りました。
なぜこの2紙に、今、この時期、国税の査察が入ったのでしょうか?
それは、東京新聞が新聞社の中で、唯一、「増税反対」を唱えていたからではないのでしょうか。

※参考記事 → 国税が東京新聞を徹底調査する「理由」(現代ビジネス)

こんなことが許されてよいのでしょうか。
このような横暴を、絶対に許してはいけません。
この日本の民主主義を守るのが、霞ケ関の方々の使命であったはずです。

この国を、北朝鮮や中国のようなファシズムの国にするわけにはいきません。
自由と民主主義を守るために、幸福実現党は正論を貫き、財務省の野望を必ずや粉砕してまいります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。