スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国海軍の空母「ワリヤーグ」をこの目で見た! 

 2011-10-03
 先月26日から29日にかけて、私は黒川政調会長と共に中国の大連を視察、中国が建造を進めている空母「ワリヤーグ」を、この目で見てきました。

大連港に停泊する空母「ワリヤーグ」

 
 空母「ワリヤーグ」(満載排水量約6万7000トン)は、中国が1992年にウクライナから建造途中のスクラップを「カジノにする」と偽って購入、現在大連の造船所で改装を進めています。先月10日に初の試験航行を実施し、来年8月1日の中国人民解放軍創設記念日に正式に就役すると見られています。

 中国はこのワリヤーグを皮切りに、2020年までには、国産の空母を含めて複数の空母を建造、いよいよ本格的なアジアの海洋支配・覇権に乗り出すと見られています。

 進む中国人民解放軍の海軍力の増強ぶりとその海洋戦略、そして日本に迫りくる脅威の実態を、大連視察のルポと合わせて、シリーズで報告します。
(矢内筆勝)



《思った以上に厳重な警戒態勢》

 私たちが大連に入ったのは26日(月曜日)午後。快晴の中、成田初の飛行機は約2時間半のフライトを経て、大連国際空港に到着しました。機内から空港を見下ろすと、西洋風のおびただしい数の高層アパート群が、山の中腹から滑走路の間近まで、整然と、所狭しと、立ち並んでいます。

 その風景はあたかもコンピューターのCGで作成して「コピー」して張り付けたように、広大で、膨大で、均一な美しくも、奇妙な風景です。
(実はこのアパート群は投機目的に建設され、人がろくに住んでいない“バブル経済”の象徴的な風景の一つだと、後で知ることになります)

 大連市内に入った私たちは、早速、大連市内の中心部の北側にある空母「ワリヤーグ」の停泊地周辺に向かいました。ワリヤーグが停泊している造船施設の周辺には人民解放軍海軍の基地が併設しており、簡単に現場には近づけません。

 大連の市民に話を聞くと、「大連市民も『空母を見たり、写真を撮ったりしてはいけない』と言われている」「以前、外国人が写真を撮っていて拘束されたとい聞いている」「空母は軍の機密事項になっていて、近づくことは、とても危険」「見えそうな場所には、私服の軍関係者が見張っており、スパイ容疑で拘束される可能性がある」と口をそろえます。

 しかし、ワリヤーグが停泊している場所は、インターネットのGoogle Earthで、大連を検索して港湾施設を拡大すれば、驚くほど簡単に「衛生写真」を見ることができます。(下写真)。

グーグル・アースに写った大連港に停泊する空母「ワリヤーグ」


 興味のある人は、インターネットでGoogle Earthをパソコンにダウンロードし、検索画面に「大連」と入れて、衛星写真を拡大して見てください。驚くほど簡単に、停泊しているワリヤーグの場所と姿を特定することができます。

 しかし、現地に行ってみると、その港湾施設に近づくことも、そこにあるはずのワリヤーグの姿を見ることも、想像以上に簡単ではない。実際、私達は数日を費やして、造船施設の近くのビルや高層ホテルで港湾が見えそうな場所を探したが、一向に見当たりません。湾の近くには軍事施設が点在し、湾内が見えそうなビルには必ず管理人がいてチェックされます。「極めて厳重な警備体制」が敷かれていると言って良いでしょう。

 また、新築のホテルやマンションの多くは、(客間は別だとしても)階段の踊り場や最上階などに、一般の人間が港湾を展望できる場所や窓が設置されていないことが多く、建物同士の重なりが、微妙に、港湾部分が見えないように建てられているとしか思えないケースが少なくありません。

 もしかしたら最近の建設ラッシュを踏まえ、新築の高層ビルからは一般人が簡単に港湾内部全体が見えにくいように、建設されているのではないかとすら思えるほどです。(もしそうだとすれば、この大連港は一般に認識されている以上に、軍事的に重要な港湾施設に位置付けされているのかもしれません)

《ワリヤーグを見た!》
 
 しかし、そうした厳重な警備体制が存在するように思える大連市内において、停泊して改装を行っているワリヤーグが確実に、簡単に見える場所が存在しました。

 それが大連駅を起点として、大連港を南側から西側を回って北に抜ける「大連快軌3号線」です。実はその車内から、停泊するワリヤーグを遠めに目視することがでるのです。

 私たちもこの電車に乗り、大連駅から隣の「軽軌香炉礁駅」に到着するまでの間、北側の埠頭に横付けされ改修を行っているワリヤーグをしっかりと目視しすることができました。その間約20秒。

 様々な港湾施設や建物が林立しているため、意識して見なければ見落としてしまうかもしれませんが、視界さえ良く、意識してみれば、全長役300メートルの飛行甲板と、レーダーサイトを備えた白っぽい「アイランド」と呼ばれる船橋部分が高くそびる姿が、はっきりと見えるのです。(下写真)

DSC00767.jpg


 中国の人民解放軍の海軍初の空母「ワリヤーグ」が、確かにそこに停泊し、完成に向けて改造・改修作業が進んでいました--。

 中国な一体なぜ、何ゆえに、空母を保有し、一体何をしようとしているのか--。それを、これから探っていきたいと思います。(つづく)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。