スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/1 日教組とゆとり教育を、公立学校から排除すべし! 

 2010-05-01











今、日本の子どもたちの学力が、どのような状況に置かれているか、ご存じでしょうか。


この十数年でゆとり教育が蔓延したことにより、子どもたちの学力は今どんどん下がり続けています。


かつて、日本の子どもたちの学力は世界ナンバーワンでした。どんな試験を受けても、日本の子どもたちの学力は世界1位だったのです。しかし、ゆとり教育が実施されて十数年たった今、子どもたちの学力は世界で10~15位まで下がってしまいました。お隣の台湾やシンガポールや韓国、中国より、日本の子どもたちの学力は劣っているのです。これは大変なことです。


日本という国は、教育で成り立っている国です。日本は島国ですから、資源もエネルギーもありません。ほぼ100%輸入に頼っています。食糧も自給できていません。日本が海外からいろいろな物を輸入して豊かな生活をするためには、外貨を稼がなければいけないのです。すばらしい製品を作って海外に輸出し、メード・イン・ジャパンというすばらしい製品を作って外貨を稼がなければ、日本は豊かになれないのです。 


今まで、豊かな日本の経済繁栄を支えてきたのが、教育の力です。しかし今、日本の教育はズタズタになり、ゆとり教育によって子どもたちの学力は世界10位や15位に下がり、日本の競争力は急速に今失われています。


このまま日本の教育を放置すれば、日本はやがて世界の二流国家、三流国家になってしまいます。


その時に一番苦しまなければいけないのは、子ともだちです。だから今、子どもたちのために日本の公立学校をもう一度再生し、子どもたちにしっかりとした学力が身につく当たり前の公立学校を取り戻さなければいけないのです。 


幸福実現党は、子どもたちに塾に行かなくてもしっかりとした学力を身につけられる、当たり前の学校を取り戻します。やる気のない先生には去っていただきます。サラリーマン化した日本の学校の先生たちには、やる気も責任感もない方々が多いのです。


私たち幸福実現党は教員免許制度を改正いたします。
そして、教員免許を持っている方だけが教壇に立てるのではなく、
優秀で優れた社会人の方が、免許がなくとも学校の教壇に立てるような、
先生になれるような仕組みを作ります。
塾の先生が公立学校の先生になれるような、自由な環境を作ります。


そうすれば必ず日本の公立学校は再生します。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。