スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/22 日本経済にとどめをさす増税路線 

 2010-05-22

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛




やない筆勝の Hot Information




┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛




■消費税増税論の環境整備続く



ロイター通信 5月20日より引用)

菅直人副総理兼財務・経済財政担当相が準備を進めてきた「財政健全化法」の今通常国会への提出が、民主党内の異論を受けて見送られることとなったが、菅財務相は消費税を含めた税制抜本改革への意欲をアピールし続けている。



消費税増税を打ち出しても今夏の参院選には不利にならないとの読みが後押ししているとみられるが、政府が6月に策定する「中期財政フレーム」や「財政運営戦略」で消費税に言及できなければ、日本の財政規律に疑念が生じるとの声もあり、ペイアズユーゴー原則が貫かれ、将来的な消費税増税を含めた歳入改革に踏み込めるかが焦点となる。



→ 全文はこちら







■民主内で消費税巡る議論、参院選の争点に?


(読売新聞4月14日より引用)


政府・民主党内で消費税を巡る議論が活発化してきた。鳩山首相は任期中の税率引き上げの封印を宣言しているが、政府内では政権公約(マニフェスト)実現に理解を得るためにも、消費税論議を深めるべきだとの声が強まっている。夏の参院選の公約に盛り込まれるかどうかが焦点だ。



(略)



(仙石国家)戦略相は「消費税だけではなく、税制改革、歳入改革を掲げて選挙をしなければ国民に甚だ失礼だ。今の税収のままなら、(財政は)大きな壁にぶち当たる」と述べた。さらに、衆院議員の任期満了を待たずに、消費税率引き上げを争点に衆院解散・総選挙に踏み切ることにまで言及し、波紋を広げた。



(略)



新党「たちあがれ日本」の与謝野馨・元財務相は10日の結党記者会見で「鳩山政権のばらまき政策で、財政はいずれ破綻はたんする」と、消費税論議に前向きなところを見せた。自民党の谷垣総裁も「消費税に手を付けず、どういう形でこの4年間財政運営するのか」と鳩山政権を批判している。



→ 全文はこちら









やない筆勝 2010.5.19 有楽町数寄屋橋での街頭演説

幸福実現党党首、石川悦男 2010.5.11 有楽町イトシア前での街頭演説より
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。