スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/14 私が見た軍事大国・中国の脅威 

 2010-04-14

4月10日に葛飾で開催されたセミナーの講演動画です。


「私が見た軍事大国・中国の脅威」というテーマで講演させていただきました。


おりしも昨日は、中国海軍の潜水艦2隻、ミサイル駆逐艦2隻など計10隻が、10日夜に沖縄本島と宮古島の間を通過したことが判明しました。「いままでになかった事態」(北沢防衛相)とのことで、さすがに昨日は大手新聞各紙もこのニュースを伝えていました。


日本が直面しているこの危機をいかに克服していくかによって、日本のみならずアジアの多くの人たち、そして中国の内部で苦しんでいる人たちを救う、一つの大きなきっかけになる可能性があるのではないでしょうか。




(以下、産経新聞より一部転載)


中国海軍の潜水艦2隻や駆逐艦2隻など計10隻の艦艇が10日、沖縄本島の西南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向け通過したことが分かった。防衛省統合幕僚監部が13日、公表した。海軍の外洋展開訓練の一環とみられ、防衛省で警戒・監視を続けているが、これほど大規模な活動は異例だという。
























 


 


この日のセミナーの中で使用した、中国建国60周年記念軍事パレードの映像です。












7分10秒あたりから、中国国歌の演奏が始まります。


実は「日本の侵略者、日本の帝国主義を中国から追い出せ」という内容の軍歌です。ある意味で反日の歌でもあります。














ベレー帽に赤いミニスカートの女性兵士。しかし、手にしているのは自動小銃です。


 














 












 












 


これらの現状を私たち日本国民がどう受けとめ、


それに対してどのような行動を取っていくのか、どのような選択をしていくのか。


私たちが自分たちの未来に対して、どのように責任を持って対応していくのか。


これが非常に今、大きな問題となっています。


 


もしも今、この現状の中で私たち大人が、何もしないような状況が続けば、


日本は間違いなく中国に併合されることになります。


その結果、苦しまなければならないのは私たち大人ももちろんですが、未来の日本人である「子どもたち」です。


私たち大人は「何もしなかった」という責任、ある意味で自業自得の部分もあるかもしれません。


しかし、子どもたちには何の責任もないのです。




もし日本が中国の属国になるようなことがあれば、


日本国民は子々孫々にいたるまで、中国の植民地の住民として苦しまなければいけない。


このような国家的な危機が迫っています。


この国難を打破するために、私たちは新たな行動を起こしてゆかねばなりません。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。