スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/25 救援のためではなく・・・ 

 2010-04-25


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


やない筆勝の Hot Information


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


下記報道によると、先の中国青海地震の被災地に、現在、中国の安定維持部隊が大量に集結しています。しかし彼等の任務は被災者の救援ではなく、チベット人の監視強化のためとのこと。被災地の住民によれば、中国政府は被災地にいる「チベット独立分子」を、報告なしで射殺してもよいと命令しているようです。


なんということでしょうか・・・!


大紀元4月24日より)


地震救済の僧侶を追払う 安定維持部隊が集結、チベット人の監視強化


中国青海省玉樹県で起きた大地震から7日目の20日、被災区は大雪に見舞われた。この日、チベット僧による犠牲者への祈祷と救済活動が引き続き行われていたが、政府に被災地から退去するよう命じられた。現地住民からの情報によると、大量の安定維持部隊が玉樹県に集結、チベット人の監視を強化しているという。近日中に、更に多くの部隊が被災区に集められるようだと伝えている。


玉樹県結古鎮の羅松(ロォソン)僧侶は20日、およそ4万人の僧侶が周辺の地区から救助活動のために被災区に集結していると伝えた。一方、政府は彼らに対して23日にまでに被災区を離れるよう指示している。しかし、多くの僧侶たちは救助活動を止めることを望んでいない。


「別の地区から来ている全ての僧侶は現地から退去させ、救助に参加させないという政府の通達があった。一部の僧侶は明日にも帰される」と羅松僧侶は話す。




安定維持部隊が進駐、「チベット独立分子」を監視


全国政治協商会議の賈慶林主席は19日、中央部門の会議で、今回の玉樹における救援活動は民族と宗教の要素が突出しており、国外の敵対勢力も活動に対して干渉や破壊を企てていると指摘した。


チベット女流作家の唯色さんは20日、自身のブログで、政府統一戦線部門が救助を行っている僧侶たちに被災区を離れるよう要求していたと伝えている。ある幹部は僧侶に対し、「お前たちは何でもやっているが、やり過ぎだ。今すぐ各自のいる地区に戻れ。さもなければ面倒なことになるぞ」と話したという。幹部は僧侶に対して、すでに安定維持部隊が玉樹に集結していると伝えた。玉樹県の道路には警察が検問を敷き、僧侶たちの侵入を厳しく禁じている。


鎮内のチベット人・恭加(ゴンジャ)さんは、救助にやって来た僧侶らが被災区からの退去を命じられていることを知った。恭加さんは、19日から安定維持部隊の多くの車両が被災区に進入し、その間、放送が入らなかったことを指摘している。このほか玉樹空港から結古鎮に続く道路には更に多くの検問所が設置されていたという。


「昨日も今日も、部隊がやって来た。人数ははっきりしないが、車両の数は多い。昨日は2回も来た。毎回15台ほどでやって来る。ある車両隊の前面には蘭州の部隊がいた」と恭加さんは話す。


また、巴塘郷の馬さんは記者に対し、当局が次々と被災区に増兵し、陸・海・空の三軍が揃っていると話す。「武装警察、解放軍、空軍部隊。三大軍が皆やって来た」


20日、救助活動に参加して高山病にかかった軍人からの情報によると、部隊や軍人が被災区にいる「チベット独立分子」に遭遇したら、報告は不要との上級命令を受けているという。つまり、戦場命令の執行が可能で、その場で射殺することができるとのこと。


この他、軍隊は被災区で救助を行う僧侶や志願者を強制的に玉樹から退去させるようにとの命令が出ている。これは部隊の上級命令で、ここは今、銃弾が飛び交う場所なのだと伝えている。


山西省からのボランティアは、彼らは皆20日に追い出され、自分も帰路についていると話した。


台湾図博之友協会(Taiwan Friends of Tibet)の周美里会長は、中国政府は外国からの援助を拒否し、多くの軍警察を救助ではなくチベット人たちを監視するために被災区に派遣していると指摘している。


 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。